マカエンペラーの成分ってヤバくないの!?2つの成分のサイクルでカッチカチに!!


では、マカエンペラーの成分とは一体どんなものなのだろうか?

これから買ってみて試してみようと考えている人にとっては、

 

・本当に効果があるのだろうか・・

・他の精力剤との違いは?

・ヤバいものが入ってるんじゃ!?

 

など不安や疑問があると思うので、一つ一つ解説していこう。


 

 

 

 

マカは主に南米ペルーの生息しており、標高4000mの寒暖差の

激しい地域で育つアブラナ科の根菜である。古くはインカ帝国の時代から

人々の活力源として珍重されてきた。

大量の必須アミノ酸や、ジャガイモの倍以上のカルシウムと鉄分を含んでおり、

マカエンペラーの主成分にかかせないアルギニンを、

100gあたり600gも含有している。

 

 

マカエンペラーの原料・成分その2 【クラチャイダム】

 

 

クラチャイダムは、日本では黒ショウガや黒ウコン、ブラックジンジャーとも呼ばれる。

熱帯地方のタイで栽培され、1000年以上も前から精力増進・滋養強壮の効果を

目的に作られてきた貴重な食物である。

 

抗酸化作用のある11種類ものフラボノイド、必須アミノ酸を含み、

アルギニンの含有量は、なんと100gあたり1500gと

マカの2倍以上である。

近年では肥満解消や心肺機能の向上、美容効果もあると言われており

天然の万能薬としての注目が集まりつつある。

 

 

マカエンペラーの原料・成分その3 【アルギニン】

 

 

アルギニンは、上記のマカとクラチャイダムに大量に含まれる成分で、

体内で生成される非必須アミノ酸に分類される。

 

アルギニンは体内でシトルリンというアミノ酸の一種に変換されるのだが、

変換の際に、NO(一酸化窒素)が産成される。

 

このNO(一酸化窒素)は、血管の拡張を促進させて血流を良くする効果が

あるため、海綿体にも血流が通いやすくなり、結果として精力が向上する。

なので、アルギニンの摂取は精力の増強に効果的だと言える。

 

 

 

 

マカエンペラーの原料・成分その4 【シトルリン】

 

 

シトルリンは、上記のように体内でアルギニンによって生まれるのだが、

食べ物の中でスイカにも含まれており、これを抽出して作られた

マカエンペラーを飲む事で摂取する事ができる。

 

 

またシトルリンは、体内でアルギニノコハク酸を経て、再びアルギニンに変化するため、

NO(一酸化窒素)を、循環サイクルで生み出しているのである!

 

まとめると、マカエンペラーの成分は、精力増強効果のあるNO(一酸化窒素)を

産生できる【アルギニンとシトルリン】を多く含んでいるサプリメントなので、

男の自信を取り戻すには、とても理に叶った商品だと言えよう。

理想的なサプリ『マカエンペラー』の購入はコチラから

 

 


 

 

マカエンペラーの原料・成分に副作用はあるのか?

 

まず、マカエンペラーはサプリメント(健康食品)というカテゴリーであり、

食品であるから副作用の心配のあるようなものは、基本的に製品として

販売する事は認められていない。

なので、諸君には安心して摂取してほしいと思っている。

 

しかしながら、用法・用量を守らない一度の多量摂取で気分が悪くなったり、

稀にマカに対してのアレルギー反応があったりとの事例があるので、

その辺りは気をつけていただきたい所である。

これについては別項の、「マカエンペラーの副作用」について詳しく解説を

しているので参考にしてほしい。

 お得なマカエンペラーの購入はコチラから

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です